www.jump-start.me

商店で全部の所有カードが決済可能なのでもありません。◇クレジットカードの加入店舗は一般的に、たくさんのカードの会社と契約しているわけですが、ちょっと不便ですが一切の店舗でどれものサービスのクレカが決済可能なわけじゃありません。例えば旧態然としたショップの際にはJCBの印の入ったそのクレジットカードしか切れない場合もありますし、新しい契約店の場合だとビザやマスターといった印のやつだけしか決済不可な場合もあります。ディスカバーといったクレカなら、さらに使えない店舗が増えるはずです。どのロゴの所有クレカが使用可能かというのをどのように見分けるといいの?「じゃあどのようにして何のブランドの所有カードが使えるかを確かめたらいいのか?」という質問だけど、ちゃんと理解するためには該当店の人に確認してみる以外にはないていうのが実のところその答えになります。だが大部分の商店やレストランには加入店の目につきやすいところに切れるクレジットカードの案内がプリントされたシールが付けられている理由から、「へーあの店はアメックスが切れるのね」というのが不安にならないようにされてるし安心していただきたい。とはいうものの、細かく契約管理が行き届いていない店舗で用いる際には、シールが掲示されている状況でも「うちではご提示いただいたクレジットカードはご決済いただけません」といったような答えをされるケースもないわけでもなく、冷や汗をかいてしまうことだけは避けたいところです。お勧めとしては可能な限り全ての加入店舗で使用できるようにしようとするともう一つのマーク(インターナショナルな印)がプリントされている一般的なVISAカード、JCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、といったクレジットカードをいくつか持つようにするとよいと思います(例:ニコスカードをいつも使っているならもう一枚はダイナースカード付きのクレジットカードを財布に入れておくなど)。とりわけ国内においては、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのマークが入ったカードをそれぞれ使えるようにしておけばだいたい100%のカード決済可能店舗でいずれかのクレジットカードを差し出す機会があります。クレカを使いこなして節約を続けるつもりならば早いうちに上記のカードを契約しておいて損はないと思います。