www.jump-start.me

一般的に、カードの上限が所有者がいつも使用するよりゆるくなっていると顧客は余裕があると誤解し、考えることなくを使ってしまったりするようですね。カード乱用を減らすように使用できる上限額を事前に低くセーブしておこうという提案が、本文のメインとなる考え方です。利用限度額をコントロールする方法:クレジットカードの上限額をコントロールする方法は限度額を多めに設定するやり方といっしょですごく手軽です。クレジットカードのサインのある面に書かれているフリーダイヤルに電話をかけて、「利用限度額をセーブしていただけませんか」と希望を相手には申請するだけです。一般には現時点での月の限度額に比べ低ければ時間のかかる手続きもなくスムーズに設定が終わってしまいます。カードの限度額をセーブしておくのは防犯に結びつく●クレジットカードの利用限度額の抑制は、自己抑制という良いことのみならず防犯にもつながります。もしも、財布の中のクレカが紛失等により乱用された場合でも、前もってクレカの月ごとの限度額を厳しくしているならリスクを出来るだけ少なくすることも可能だからです。強調しておきたいのはたとえカードが乱用されたような場合でも使用者に明らかな過失がない場合は、盗難保険として知られるものが使用者をフォローしてくれるし不安を感じることはないのですがもしもの時のことを頭に入れておき不必要な限度額は少なくしておくのも良い方法だと思います。使いもしない限度額は百害あって一利なし・・・なんです。

コンテンツメニュー